So-net無料ブログ作成
検索選択
シニアライフの注意事項 ブログトップ

老年よ、小志をつらぬけ!(2) [シニアライフの注意事項]

先日、シニアライフの憧れの地マレーシアでの思わぬトラブルがTVで放送されていた。

広くて豪華な一軒家年金で借りたが、庭や木の管理で現地人を雇う思わぬ経費が
発生した、とか。ご主人が盲腸になって、医療保険に入っていなかったので51万円
もの請求に腰を抜かした、とか。

あらあら可哀想に。私もマレーシアでのセカンドライフはちょっと憧れてたので
勉強になりました。

そんな訳で決して偉そうなことは言えないのですが、計画は狂うもの。いいえ、狂って
当たり前。

特にアラカン世代は不幸な生い立ちが・・・。

私は30歳くらいまで某メーカーで営業と企画をしてました。北海道勤務も6年。
営業車のバンに商品を積んで、売れたら伝票を切って帰社したら倉庫に戻し、時々
宅急便で発送する。今考えたら信じられないほど古典的ですよね(富山の薬売りみたい)。
商物分離(今となっては死後ですが、営業と配送物流を切り離すスタイル)になったのは
たしか80年台中盤から後半。
売上集計や計算は電卓です。パソコンもいち早く使い始めました(でもエクセルとかなくて
パピルスという表計算ソフト)。

いずれにしても計算がめっちゃ面倒なんですね。シミュレーションなんてもってのほか。
IBMがCPMじゃなくてビルゲイツのMS-DOSを採用し、そのうちWindowsが登場し、
インターネットが知られはじめた頃にやっとシミュレーションができるように。

そういえばインターネット商用化の最初のプロバイダーのTwicsの会員でした。キャリアが
長い割にモノにならないのはゴルフと同じ(汗)。

それでもアラカン世代のなかでは私は相当ITを使いこなせるほうだったと思います。
その頃って我々はもう管理職になってるんですよね。ですから、面倒なシミュレーション
とかも若手にやらせちゃった方がものすごく多いのでは?
・・・(続く:長くなったので)





老年よ、小志をつらぬけ!(1) [シニアライフの注意事項]

「青年よ、大志をいだけ!」・・いい言葉である。
たしかに若いうちは何にでもチャレンジしたほうが良い。
チャレンジした分だけの経験知はきっと役に立つ。

どんどん実力を磨き、早く出世し40歳前後で部長か役員に
なる。いいことだ。でも、その先はどーしますか?
稟議書のハンコに捺印する人間捺印機のような退屈な人生を
送るのか?・・・人それぞれなので、これは置いておいて・・。

「老年は大志はいだくな」
「老年よ、小志をつらぬけ!」・・・と私は言いたい!

「定年退職してやっと自分の想いを実現できる。さーこれからだ」
と始めたものの・・・。
「あー、あの時ウチのお父さんがこんな事を言い出さなければ」
というお母さん奥さん)の恨みがましい愚痴の嵐というような
事態に。ホントによくある話しです。

「なんで、おじいちゃんとおばあちゃんは分かれて暮らすの?」
ひょっとしたら幼い孫の心まで傷つけてしまうかもしれません。

以前、仕事で起業家さんや中小企業のプレゼンを評価する仕事を
したときに、「威勢良くプレゼンしているこの人の裏側の家族風景
が見えてしまう」ことが何回もありました。

こんなバラ色の事業計画に周囲も巻き込まれていったのかなあ・・。
(続く)

シニアライフの注意事項 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。